An die Musik

「An die Musik」は、シューベルトによる1817年作曲、1827年出版の歌曲(D.550)で過去には「楽に寄す」と訳されていたが現在では「音楽に寄せて」と改定されている。シューベルトの友人のフランツ・フォン・ショーバーの詩から感銘を受け作曲した。音楽の素晴らしさを謳っている。

  An die Musik

Franz von Schober

Du holde Kunst, in wieviel grauen Stunden,
wo mich des Lebens wilder Kreis umstrickt,
hast du mein Herz zu warmer Lieb’ entzunden!
Hast mich in eine beß’re Welt entrückt!

Oft hat ein Seufzer, deiner Harf’ entflossen,
ein süßer, heiliger Akkord von dir
den Himmel beß’rer Zeiten mir erschlossen,
du holde Kunst, ich danke dir dafür!

楽(がく)の音(ね)
わがなやむとき
心をおとずれては
あたたかき愛を充(み)てつつ
清らかなる境(さかい)に
わが身をともないぬ

妙(たえ)なる琴(ハープ)のひびきの
さやかに鳴りわたれば
この世にも天(あま)つ幸(さち)あり
くすしきかな 楽の音
とうとしや 楽の音
           堀内敬三訳詞

演奏  Arranged by NDR Elbphilharmonie Orchester